当サイトはアフェリエイト広告を利用しています

《壁にはまってシリーズ》ギャルAIKA嬢にオタクの仕返し立ちバックw悪ふざけ万歳!

 本日ご紹介する作品 

壁にはまって出れない!! AIKA


白米ばかり食していると…たまにはこんがり焼いたパンが食べたくなるものだ。

 

このところ未成年の美少女を味わいまくっていた私はふと目に止まった奇抜なビジュアルに思わず手を止めた。

 

真っ黒な肌に厚めのメイク…茶髪のギャルが壁にハマって出られない…だと!?普段ギャルとは縁遠いのでこのAIKAという女優を知らなかったが…よく見れば相当美人だ。

 

どーやらこのAIKA嬢は「国民的黒ギャル」とよばれるほどギャル界では人気らしくアダルト女優賞も取っている実力者。

 

何かがうずく…立ちバックもかなり多いぞ。ふざけた設定もかなり気になる。パンを欲していた私は未知の世界を覗いてみることにした…。

 

制服白色のニットベスト
パンティ蛍光オレンジのTバックw
立ちバック時間測定不可! 基盤攻め
射精おくちに中出しにぶっかけ全部!

 

 ここからレビュー  


AIKA「…うーーっ!!…はぁはぁ…はぁ…」

AIKA「ヤバい…抜けねぇな最悪っどうしよう…」

教室の壁にハマった黒ギャルJKのAIKAちゃん。

なぜか?はどーでもいい…笑

展開もクソ読めるが超エロそうだ。

この無茶振り設定を存分に楽しませて頂きます。

 


AIKA「…もう飛んでって取れんやんっ!!」

どーやら転がったアクセサリーを取ろうとして…

壁にハマってしまったらしいぶっ飛び設定。

AIKA「…んんーー!!」

低くてハスキーな声。典型的なギャルって感じ。

超黒ギャルだが顔はかなり整っているぞ。

色白なら往年のリアディゾンみたいな美人だ。

これはおそらく…オタクどもの夢と希望と日頃の復讐心が詰め込まれた傑作の匂いがする…笑

AIKA「…これ後ろにも抜けへんのちゃう!?」

なんて生々しい関西弁…笑

AIKA「…最悪やー…誰か助けてー!!」

と、そこに現れたオタク気質の男子学生。

AIKA「…おぉ!いいとこにきた!あんたっ!」

学生「え!?お、え、なにこれ。。」

AIKA「…ちょっとそれ取ってほしいんやけど!」

学生「えこれどーなって…え!?」

AIKA「…いーーから早くしてくれっ!」

AIKA「…それ取ろうとしたらこーなった!!」

学生「いや…これはどーでもい…」

AIKA「…どーでもよくないわっ!はやくぅ!」

漫才のような掛け合い。

AIKAちゃんの小芝居が自然体すぎて笑える。

学生がなんとか引っ張ろとするけど…

AIKA「…あぁーいたたたただ!!うーっ!!」

必死なあまり学生の股間があたまにw

AIKA「…ちょちょちょ!なんこれ邪魔!」

学生「…えいや、でも!…ふぅっ!!」

AIKA「…いやわかってるけど!もうちょいさ!」

学生「ふっ!!」

AIKA「…おいっちょ!これ!当たってる!」

学生「えでも…抜かないといけない。。」

AIKA「…まそーなんやけど!!」

学生「…あれ?…おっきくなっちゃった…」

AIKA「…はぁぁ!!?なにしとんねん!」

ベタベタな展開が逆に潔い。

AIKA「…今のでぇ!??笑」

学生「…態度悪いね…助けて欲しいんだよね?」

AIKA「…ふっ笑」

素で笑っちゃうAIKAちゃんw

AIKA「…はいすいません。助けてください笑」

学生「…僕純情な子が好きなんすよね。」

AIKA「…いやそんなこと言われたて!!」

学生「ちょっとこれ見てもいいですか?」

AIKA「…なになに!?意味わからんから!」

AIKAちゃんを無視して手のネイルに興味津々。

…普段こんな近くでギャルみれないもんね。

学生「…ちょっとさわってみてもらって…」

とAIKAちゃんの手をちんぽにw

AIKA「…いや意味わからんそれぇ!!」

学生「…助けてほしいんですよね?」

AIKA「…いやなんでっ!!勃っとんねん!」

学生「僕の初キッスを捧げてもいいですか?」

AIKA「…爆w!なんwちょっと待てなんで!?」

学生「え、助けてほしいん…ですよね。」

AIKA「……!」

学生「じゃ言うこと聞いてくれた方が…」

AIKA「…………うぅー。。はぁぁぁ!!」

ちゅぽ…ちゅぽ…れろ…れろれろ。。

AIKA「…んんっ!!!もうええやろ!」

学生「あ、メガネ邪魔ですか?」

AIKA「…どっちでもええやろそんなの笑!」

AIKA「…んんーーーっ!!!」

ちゅぽ…ちゅぽ…。。

現実では成し得ないこの世界線…w

学生「舌出して下さい。」

ちゅ…ぽ…にゅぷ…くちゅ。。

AIKA「…ぶはぁ!!息できひん!」

学生「興奮してきちゃいました。」

AIKA「…ちょっと服きてよぉ!!」

AIKA「…うぇ…めっちゃ勃ってるし!」

学生「いいじゃないですか。。」

AIKA「…ちょっ!ちょちょ!!脱ぐな!!!」

学生「…はぁはぁ…態度…悪いですね。」

学生「じゃ………………いいすか。」

AIKA「…う…は!………臭いぃ!!」

学生「……(帰ろうと)。。」

AIKA「…いやぁ!!………絶対…壁から抜いてくれる?…絶対?……まじか。ふぅーーーー。。まじか。。いやーマジかー。。」

ちゅぷ…

にゅぷ…にゅぷぷっ…

学生「はぉー…すご…こんな感じなんすね。」

にゅぷ…にゅぷぷっ…ちゅぷぅ。。

学生「いつも…AVで見てる事やっていい?」

AIKA「…はぁぁっ!!??」

そう言ってAIKAちゃんの喉ちんこまで強引に!?

AIKA「…ぐご…ごぉ…っ!!…ぶはぁ!!」

普段バカにしてくるギャルにイラマチオだ…!

AIKA「…くるしいってぇぇ!!」

学生「じゃちょっと…裏(スジ)とか。」

AIKA「……はぁはぁ…はぁ…要望多いなぁ!」

にゅぷ…れろれろ…。。

学生「…はぁはぁ…はぁ…おはぁ。。」

AIKA「…んん!…はぁぁ!」

学生「…これ…口に出してもいいやつ?」

AIKA「…!?やだよバカなの!?むりむり!!」

学生「あじゃぁ…帰り…」

AIKA「…待て待て待て!!でも口の中は…!」

学生「…じゃ髪の毛…?」

AIKA「…ざけんな!!無理だ!」

学生「じゃ口しか。。」

AIKA「…………ふぅーーーー。。」

ちゅぽ…ちゅぽ…ちゅぽ…


にゅぷ…にゅぷぷっ…じゅぽ…ちゅぷ!!

学生「…はぁはぁ…はぁ…おはぁぁ。。」

AIKA「…ぐ………んん………んん!!」

にゅぷ…にゅぷぷっ…!!

学生「あぁ!!イっ!口あけて!!」

AIKA「…え!?はぁ!??あ!!」


 

どぴゅっ!……とぴゅ…ぴゅ……ぴゅ!

 

ギャルの口内に濃厚ザーメンをたっぷりと発射…

学生「…はぁはぁ…ふはぁ…気持ちよかったぁ」

AIKA「…ぶ!ぺっ!!…うえぇぇ!!」

学生「じゃ…帰ります。」

AIKA「…はぁ!!??なんで!なんでぇ!?」

学生「…ハマったのはお宅の勝手なので。。」

AIKA「…いやいやいやいや!!!はぁ!?」

オタクどもの日頃の恨みは怖い…笑

AIKA「…待ってお願い!!お願い待てぇ!!」

おもむろにペンを取り出す鬼畜学生。

何やら壁に書き出したが…

AIKA「…ちょっとなに書いてんの!?」

学生「みんなにも知らせないと。…よし。」

AIKA「…おぉいーーーーーーい!!!!!」

AIKAちゃんの関西陽キャぷりが溢れて…

エロさよりも笑いが混在する不思議な作品…笑

 


AIKA「…あぁぁ…うがいしてぇーー。」

絶望的な状況なのにそうは見えないAIKAちゃん。

次に現れたのは…絵に描いたようなオタクたち。

ここ教室だよね笑?という疑問は置いといて。

あらゆるオタクに仕返しさせたい趣旨らしい。

AIKA「…あ!おい!ちょっと!オタクっ!」

オタクたち「え?うわぁ!!なんだ!」

AIKA「…助けて!?ねぇ。助けて!??」

オタクたち「いやでもぼぼ僕たちお金ない。。」

AIKA「…いぃらないから!引っ張って!?」

オタクA「でもなんか…面白いねこれ…。」

AIKA「…アホかっ!早く出してよ!!」

オタクB「へへ…と、撮っちゃいなよ笑」

AIKA「…撮るなマジで早く出してぇ!!」

オタクB「うおぉ…び、びっち、ビッチw」

オタクA「おいなんか…上に書いてあるぞ?」

オタクB「お口…ご自由にお使い下さい…!?」

AIKA「…はぁ!?消してよそれぇ!!」

オタクA「いや僕たち清楚系が好きだから…」

オタクB「なんかちょっと…顔白くしてよ…笑」

AIKA「…いいから!!ふふふ笑」

またしても素で笑っちゃうAIKAちゃんw

AIKA「…キレるぞお前らーーー!!!!」

オタクたち「えへへおぉーへへふ。。」

面白い。面白いんだけども…。。

シコりポイントはまだこない…笑

飲み物買ってきてあげるとオタクBが出ていく。

AIKA「…お前そんなん撮ってないで出せよっ!」

オタクA「…えへへおー。。ほぉー。。」

と、そこに!?

男性「うわぁぁー!!??」

逆側を通りかかった別の男性が!

確かにこれは死ぬほどびっくりするw

いきなりおしりを叩き出す男性…笑

AIKA「…ん!?ちょっと!誰ぇ!?」

ぱんっ!……ぱんっ!……ぺちっ!!

AIKA「…ちょっと!!誰ぇ!!?」

そしていきなりAIKAちゃんのTバックを…

AIKA「…ちょっと!!ずらすなぁー!!」

男性「……?お姉さーん!どーしたの?」

AIKA「…いやとりあえず!パンツっ!」

男性「パンツ脱がすの?」

AIKA「…ちがぁーーうっ!!」

にゅぷ…にゅぷぷっ…れろれろれろ…

AIKA「…ちょ笑…ほんとに無理笑…あはは笑」

またしても素になるAIKAちゃんw

ちゅぽ…ちゅぽ…ちゅぽ…れろれろれろ。。

男性「はぁ…はぁ…ねぇそっち何やってるの?」

AIKA「…ハマってるから出してよぉ!!」

男性「えハメてほしい?」

AIKA「…ちがぁーーーう!!!」

スタイル抜群のぷりんとしたおしり。

男性「わかったわかった。ナマでいいよね。」

にゅぷ…にゅぷぷっ…!!

AIKA「…は!?ちょ!!ちょっと!!!」

男性「…あぁ…はぁぁ気持ち…いぃー。。」

にゅちゅう…にゅぷぷ。。

AIKA「…なんで入れてんの!?出してよっ!」

男性「…精子?わかったわかった。待ってね。」

AIKA「…違うっ!!せめてゴムつけてぇ!!」

ぱんっぱんっ…ぱんっぱんっ…!!

そこに戻ってくるオタクB。

AIKA「…ちょっとあんたたち!助けてよ!!」

オタクB「でも疲れてるからねー。」

AIKA「…なんでよぉーー!!」

裏ではひたすらちんぽ突っ込まれ…

表では顔に美少女の写真を張られるw

AIKA「…誰やこれぇ!……はぁん。。」

突かれて拒否してもうめちゃくちゃw

AIKA「…おーまーえ何出しとんじゃ!!」

シコシコシコシコ…

AIKA「…なにシコシコしてんねん…!!」

オタクA「あ…でもこの制服…いいね。」

オタクB「おっぱい見たくなっちゃった。」

強引にワイシャツを脱がされるAIKAちゃん。

オタクたち「…おおぅ…い、いいわぁ。。」

AIKA「…ちょっとやめえてぇ!!!」

真っ黒だけど凄い綺麗なおっぱい。

なんかいつもと違うから逆に興奮する。

AIKA「…頼むから後ろ見てきてよ…。。」

オタクB「これ…おちんぽ入れていいかな。。」

AIKA「…あかん!!ちょっとぉ!!」

ちゅぽ…ちゅぽ…ちゅぽ…

ぱんっぱんっ…ぱんっぱんっ…!!

にゅぷ…にゅぷぷっ…!!

ここら辺は完全にアドリブセックスのようだw

凄くスタイルがいいし綺麗な顔立ち。

黒ギャルタイプの最高峰だと思う。

AIKA「…んん…んんん!!んん。。」

おまんこも綺麗だ。。

もう無茶苦茶で疲れちゃったAIKAちゃん笑

抵抗よりも喘ぐ声が出だしちゃって…

AIKA「…ああ…はぁぁ……はぁはぁ…はぁ…」

オタクB「あぁヤバいイッちゃう!うっ!」

 

どぴゅっ!……とぴゅ…!

 

AIKA「…なになに!?うっ!!」

シコシコ…シコシコシコっ!!

オタクA「はぁぁおれも出ちゃう出ちゃう!」

 

どぴゅっ!……ぴゅ!!

 

AIKA「…うう。。」

AIKA「…おおいっ!!ボケぇ!!」

オタクにぶっかけられる屈辱w

ぱんっぱんっ…ぱんっぱんっ…!!

AIKA「…ふざけん!!はぁぁん!!」

男性「あぁぁ!!イクっ!!いくっ!!」

 

どぴゅっ!……とぴゅ…ぴゅ…!!

 

綺麗なお尻にぶっかけ…からの!

にゅぷ…にゅぷぷっ…中にも発射w

 

AIKA「…!?…まじかぁ…!?」

まんこからはとろーり精液が。。

オタクたち「じゃあね。バイバイ。」

男性「ありがとねー。」

 

AIKA「…………。。」

 


正直エロさよりおふざけの方が強い…かなw

男性の登場辺りから若干の不安があったのだが…

ここからその不安が現実となってしまう事に…。

次に現れたのは割と普通な男性たち。

学校という設定は…?

AIKA「…ちょっとー助けてー。」

心なしか疲れ気味のAIKAちゃん…。

男性たち「なんか壁に色々書いてあるぜ。」

AIKA「…それ全部ウソー。早く出してぇ。」

完全無視でいきなり触り出す男たち。

AIKA「…もーさわんなさわんな!!おいぃ!」

ちょっと展開が一辺倒だから変化が欲しい。

もしくはとことんヤリまくって欲しい…。

そこにゾロゾロ現れるおじさんたち。

おじさんたち「中出し専用…肉便器!??」

おじさんたち「俺たち童貞だから…いいかな。」

AIKA「…ダメに決まってるやろ!誰ぇ!??」

また口に突っ込まれるAIKAちゃん。

 

うーん…もう会話のやり取りもなくなって…ただ突っ込むだけの展開に。

男性たちも何か喋ってるけど…全員同時にぶつぶつ喋るからなに言ってるかわからない。アドリブだから無理もないが。。

 

設定ガン無視の展開。これどーみればいいの…?

 

 

次々と中出しされていくけど…

 

 

この男性たちの説明がほしいですw

これは作品として見ちゃいけないのか?

ただAIKAちゃんが感じてる姿に集中すべき…笑?

 

次から次に犯される。

誰もAIKAちゃんと会話しなくなっちゃった。

AIKA「…こっから…出してよぉ。。」

ここにきてAIKAちゃんを出そうとする男たち。

AIKA「…あぁーー出た!!出れたぁ!!」

なんじゃそりゃ…笑!

めでたくアクセサリーも拾えて…

ぐったりするAIKAちゃん。

いやーこれは…。。

 

最初の方のやり取りはドキドキして面白かったのに…途中から男優たちのアドリブに任せた撮影という感じに。

企画物は設定も楽しみたい私としては…うーんな作品でした。

 


もう少し続きが…

壁から出れた数日後に…

クラブでまた壁にハマるAIKAちゃんw

AIKA「…またハマってしまってるよー。。」

そこに登場したのはラップを歌うDJ。

 

ここからさらに悪ふざけが増していく状況にw

 

ここから先のDJとのやり取りは是非動画を見てご確認ください。。

 


 

 感想  

正直AIKAちゃんのビジュアルと拘束された立ちバックという形に惹かれて期待した作品だったが…微妙な感じで終わってしまった。

男たちが出てきてヤるの繰り返し。しかも全員がおふざけモードなのでどう見ていいのか…笑。最初の1人目は会話もあって良かったのになぁ。。

とはいえAIKAちゃんのスタイルは素晴らしい。たまに見る黒ギャルの新鮮さも重なって立ちバックはさすがのエロさです。AIKAちゃんの喘ぎも○。

特別ギャル好きやAIKAちゃんファン以外には…厳しいかなぁという感想でした。


 

 立ちバック評価 

顔とカラダ9点
制服とパンツ8.5点
パンツずらし8点
犯罪のにおい7点
悪ふざけ…度6点

立ちバック度  


作品概要

タイトル壁にはまって出れない!! AIKA
女優名AIKA
出品者本中
型番HND-228
販売元FANZA
時間1 : 49 : 00
引用元URLhttps://www.dmm.co.jp/digital/videoa/-/detail/=/cid=hnd00228/

 

AIKAちゃんで

オナニーしたくなったら

 

 

    壁にはまって出れない!!

シリーズおすすめ作品