当サイトはアフェリエイト広告を利用しています

《膝ガク腰ブル》桜空ももの揺れるおっぱい…一生分イカせ続ける痙攣立ちバック。

 本日ご紹介する作品 

膝ガク腰ブル痙攣するまで立ちバック限界突破FUCK 桜空もも


すごいタイトルだ。膝ガク腰ブル痙攣するまで立ちバック…そしてこの立ちバックに特化したパッケージ。立ちバック好きの私が見逃すはずがない。

 

パケ写からも桜空ももちゃんの愛液が溢れ出してきそうだ。即ズボからの大洪水…おっぱいブルンブルンからの大洪水…なるほどなるほど。  

 

そう…。この桜空ももという天女。

   どうでしょうこの異常な可愛さ。

この清楚な顔立ちとスレンダーボディでありながら90cmのGカップというアンバランスボディ。しかも声がまたアニメ声で聴くだけで勃起しちゃうレベル。  

 

アイドル以上のルックスに…理想的なくびれ。そしてこの爆乳。しかもただおおきいのではない。もの凄く柔らかそうなのだ。  

 

ももちゃんのぷるんぷるんのおっぱい。

 

ちっぱいが好きと言いつつ…桜空ももの揺れるおっぱいにはどれほどお世話になったことか。

 

天使のたまごと出会って以来、AV女優というものから距離を取りがちだったが…ももちゃんへの淡い想い立ちバックへの欲情が見事にマッチしたこの作品はご紹介せずにはいられない!

 

清楚なのにエロい。細いのに巨乳。そして明るく爽やかなのに…膝ガク腰ブル痙攣するまで立ちバック。

エロいギャップが詰まった天女。桜空もも様を…ちんぽ握っていただきます。

制服

私服→黒色のボンテージ→

黒色の極小ビキニ

パンティ黒のTバック→パンツなし
立ちバック5回:約40分! 基盤攻めと後ろ矢筈と立ちロールス!
射精おしり4回! 背中1回  顔射1回!

 

 ここからレビュー  


桜空もも嬢の全身を舐めるようなオープニング。

背中越しに見られると…

…立ちバックを想像しちゃう。

 

清楚な美人が…どんな痙攣を見せるのだろうか。

 

 


 

スタッフ「…おはようございます。」

ももちゃん「…おはようございます…笑!」

声がめっちゃアニメ声でエロい。

乙女ではなく少年ぽいハキハキした感じで幼い。

こんな明るいオーラでこられたら惚れちゃうよ。

まずは自己紹介から。

ももちゃん「…桜空ももでーす!」

スタッフ「…今日はももちゃんに一生分イってもらおうと思います。」

ももちゃん「…一生分?…はい…笑。。」

スタッフ「…イカされ続けるともうだめむりー!って倒れちゃうと思うんですが…ずっと立っててください。」

ももちゃん「…立つ!?…えぇ出来るかな。。」

スタッフ「…立ち続けましょう。」

ももちゃん「…えー…しょうがないなぁ。。」

ももちゃん「…立ち続けてイキ続ける…笑!」

ももちゃんの軽快なトークについにやけちゃう。

と!…そこに突然!!

ももちゃん「きゃ!なに!?ビックリしたぁ!」

秒で隣に現れた筋肉ムキムキ男!

男「…いただきまぁす!!」

ももちゃん「え!きゃ!…どーゆーこと笑!?」

にゅぷ…にゅぷぷっ…!!

ももちゃん「え!…え!…もうっ!?」

黒のTバックをかき分けて…

にゅぷ…にゅぷぷっ…ぐにゅぅ!!

ももちゃん「あ!…ちょと!…ちょっと…笑!」

ぱんっぱんっ…ぱんっぱんっ…!!!

色黒筋肉が真っ白な細いカラダを犯していくっ!

ぱんっぱんっ…ぱんっぱんっ…!!!

ももちゃん「んんっ!…ちょとっ!んっ!!」

スタッフ「…立ち続けないとダメですよー。」

ももちゃん「…は!…激しすぎるぅっ笑!」

ぱんっぱんっ…ぱんっぱんっ…!!!

男「…あぁ…ふぅ…はうぅっ!」

ももちゃん「…あ…あダメです…はぁはぁ。。」

この巨根は想定外だったようだ。

男「…朝イチでデカいちんぽ…どう?」

ももちゃん「…気持ちぃ…気持ちいぃよう。。」

ぱんっぱんっ…ぱんっぱんっ…!!!

ももちゃん「…あイクイク!…んはぁっ!」

…ビクンっ!…ビクンっ!!

ももちゃん「…ひぃ…笑…えへへ。。」

今度は前から… にゅぷ…にゅぷぷっ…!!

ぐゅちゅぅぅ…!!

あまりに激しくて腰にチカラが入らない。。

ぐちゅぅ…ぐにゅぅ…メリ…メリメリっ!!

物のように扱われるももちゃん。

ぱんっぱんっ…ぱんっぱんっ…!!!

ももちゃん「…あぁぁっ!…あううっ!」

後ろから腕を拘束して立ちバックっ!

そして上から押さえ込むように立ちバック!

ももちゃん「…あぁイっ!…イッちゃうっ!!」

ぱんっぱんっ…ぱんっぱんっ…!!!

男「…はぁはぁ…あぁ!…あイクっ!」

ももちゃん「…はぁはぁ…はぁ…はぁうっ!」

 

どぴゅっ!……とぴゅ…ぴゅ…!  

 

ももちゃんのおしりにたっぷりザーメン…。

ももちゃん「…はぁはぁ…はぁ…んー。。」

男「…はぁはぁ…舐めて…ほら。。」

ちゅぽ…ちゅぽ…ちゅぽ…。。

男「…おお…はぁぁ気持ちいい。。」

ももちゃん「…ん……ん…。。」

男「…………またヤリたいな。」

ももちゃん「…え?」

男「…またやりたい。」

ももちゃん「…え、…えダメぇ…休憩…笑」

スタッフ「…どーでしたか?」

ももちゃん「…はぁ…はぁ…どーでしたか…?」

スタッフ「…まだ立っとかないと。」

ももちゃん「…え?…え?…はぁはぁ…。。」

ももちゃん「…!?…えなにぃ?え!?」

にゅぷ…にゅぷぷっ…!!

ももちゃん「…まってぇ!…はぁぅっ!」

ぱんっぱんっ…ぱんっぱんっ…!!!

おっぱいが…ぶるんぶるんぶるんっ!!

ももちゃん「…あイク…イクイクっ!」

にゅぷにゅぷ!…にゅぷ…にゅぷぷっ…!!

スタイルの良さとおっぱいの揺れが最高。

男「…あぁ…あぁっ!…あふぅ!」

細い脇腹を強引に握りしめてピストンっ!!

ぱんっぱんっ…ぱんっぱんっ…!!

男「…あー…ああ!…はぁうっ!!」  

 

どぴゅっ!……とぴゅ…ぴゅ…とく…!  

今度は背中から首まで塗りたくるように…

連続射精でももちゃんの背中は精液まみれだ。

ももちゃん「…はぁ…はぁ…んふ…んふ。。」

スタッフ「…ヒザついちゃダメですよー。」

ももちゃん「…はぁはぁ…むりだよぉ…。」

スタッフ「…今日まだまだ…ちょっと。」

ももちゃん「…んぐぅ笑…ウソでしょぉ…?」

スタッフ「…一生分て言いましたよ。」

ももちゃん「…一生…うへへ…笑。。」

1本撮り終えたくらいの勢い…笑

ももちゃんの優しい笑顔で1回戦は終了。

あらゆる角度からの全力立ちバック。

おっぱいの揺れが際立つ最高のガン突きでした…

 


1回戦の明るいエロさから一転して…

黒のボンテージに拘束器具。

ちょっと危険な空間で変態オヤジに犯される。

ももちゃん「……ん……はぁ。。」

男「…いっぱいイってもらいたいからぁ…たくさん責めるよぉ。」

そう言ってカラダにオイルを垂らしていく…

ももちゃん「…はぁはぁ…はぁ…。。」

男「…いいもの使ってあげるね。」

ローター「ヴィーーー。。」

ももちゃん「…あ…そこ…んひぃ。。」

男「どこに当たってるの?」

ももちゃん「…んん…おまんこぉ。。」

ローターでクリを刺激していく。

ローター「ヴィーーー!!」

ももちゃん「…あイ…イクっ!イクイクっ!」

男「…ダメだよぉ…まだイカせてあげない。」

くちゅくちゅ…くちゅくちゅ…

ももちゃん「…きもちぃ…はひぃ。。」

ももちゃんのアニメ声だけで勃起しちゃう。

男「…指じゃ細いかな?…こっちの方がいい?」

ももちゃん「…はぁはぁ…はぁ…欲しい。。」

ぐちゅぅぅ…メリ…メリメリ…ズボ…。。

ももちゃん「…か…あはぁ……ふぅ!」

バイブ「ウイゥウイゥ…ウイゥウイゥ。。」

ももちゃん「あイクイクイク…イクイクっ!」

ももちゃん「…もっと欲しい…欲しいのぉ!」

男「…ダメだよぉ…イキたいの?」

ももちゃん「…あ…すごい…あきもちぃ…あイクイク…イクイクっ!……あっ!…んはぁうっ!」

…ビクンっ!………プルプル…ピクピク。。

……ピクピク。

ももちゃん「…はぁ…はぁ…はぁはぁ…。」

男「…もっと気持ちよくしてあげる。」

男「…こっち来てごらん。」

 

…くちゅ…くちゅ…くちゅ。。

オイルのせいでカラダが卑猥に光る…。

そして編みタイツが…エロい。

腰をピクピクする度におっぱいが揺れる…

くちゅ…くちゅ…くちゅ。。

ももちゃん「…あ…あ…あイク…イクイク。。」

ちゅぽ…ちゅぽ…ちゅぽ…れろれろ…れろ。。

ももちゃん「…んはぁっ!それ…いぃぃ。。」

男「…ほらぁ…さわって?」

ももちゃん「…はぁはぁ…んんーんっ。。」

にゅぷ…にゅぷぷっ…じゅぬるるる。。

ももちゃん「…はぁむ…はん…んにゅぷぅ。。」

ずびぅぅ…にゅる…んぽんっ!!

ももちゃん「…んはぁぁん…れぇぇ。。」

男「…おっぱいで挟んで。」

ももちゃん「…んー…あー…はひぃ。。」

にゅぷ…にゅぷぷっ…にゅぷにゅぷ。。

男「…この硬いの…どうしようか。」

ももちゃん「…欲しいぃ…いっぱい欲しい。。」

男「…手ついて…おしり突き出してごらん。」

男「…ここに欲しいんだねぇ?」

ももちゃん「…うん…欲しいのぉ。。」

にゅり…ぐぐ…メリ…メリメリ…。。

ももちゃん「…!…………んはぁぁ。。」

にゅぷ…にゅぷぷっ…!!

ももちゃん「…んはぁぁぅ…ふぁぁぉう。。」

にゅぷ…にゅぷぷっ…にゅちゅにゅちゅ!

ももちゃん「…ふはぁ…きもちぃ…きもちぃ。」

ぱんっぱんっ…ぱんっぱんっ…!!!

 ぱんっぱんっ…ぱんっぱんっ…!!!

おっぱい…ぶるんぶるん!

細い足にくびれ…揺れるおっぱい。。

気持ちぃ…という赤ちゃん言葉も!

うーん…一度ハマったら抜け出せないカラダだ。

ももちゃん「…あ…あ……あぐぅ。。」

ずにゅぅ…ぐりぃ…ぐちゅぅ。。

騎乗位だとさらににゅぷにゅぷ音が。

…にゅぷ…にゅぷ…にゅぷ…にゅぷぷっ…

男「…前に手ついて。」

ももちゃん「…はぁはぁ…はぁ…う。。」

ぱんっぱんっ…ぱんっぱんっ…!!!

ももちゃん「…きもち…きもち…きもちぃ。。」

…撮影をちょっと無視してるような。

濃厚なエッチを味わい尽くすような。

ももちゃん「…あイっ!イク!イクイクっ!」

…プルプル…プルプル…ビクンっ!

ぱんっぱんっ…ぱんっぱんっ…!!!

男「…はぁはぁ…はぁ…んんっ!」

ももちゃん「…はぁぁっ!はうっ!」

ぱんっぱんっ…ぱんっぱんっ…!!!

男「…あぁぁ!…あイクっ!ああっ!!」

 

どぴゅっ!……とぴゅ…ぴゅ…とく…!

 

ももちゃん「…はぁぁ…あへぇ…あへぇ。。」

ももちゃんの可愛いお顔に…濃厚な射精。

…そのまま…お掃除ふぇらへ。

にゅぷ…にゅぷぷっ…

ももちゃん「…はぁぁ…はふぅ…んぷっ。。」

腰が砕けて立つことが出来ないももちゃん。

ももちゃん「…はぁはぁ…はぁ…んん。。」

なんとかソファに座ったところで2回戦終了。。

 1回戦の爽やかな感じも良かったけど。

まるでクスリをキメてるような…はひはひ言い出す桜空ももは異次元のエロさだ…。。

 


絡みは一旦休憩。

ももちゃんのオナニータイムだぁ。

ももちゃん「…もものイクところぉ…いーっぱい見てくれる…?」

腰を突き出した状態でバイブをふぇらちお。

じゅぽ…にゅる…にゅるる…

ももちゃん「…んん…んん…んはぁ。。」

リアルなちんちんなので無修正みたい。

ももちゃん「…入れるとこみてくれる?」

ももちゃん「……はぁはぁ…入るよ…?」

にゅぷ…にゅぷぷっ…ぐにゅぅ。。

ももちゃん「…おちんちん…きもちぃ。。」

ゆっくりと…にゅぷ…っという音が聞こえる。

ももちゃん「…イクとこ…みててぇ。。」

にゅぷ……にゅぷ…にゅちゅぅぅ…!!

にゅるる……にゅぷぷ…!!

ももちゃん「…はぁはぁ…はぁ………んっ!!!…はぁ…はぁ…イッちゃったぁ。。」

ももちゃん「…もっとイって欲しいの…?」

にゅぷ…にゅぷぷっ…!

ももちゃん「…あイクっイクイクっ!」

ももちゃんの膣に当たってバイブが揺れ曲がる。

奥に当たったときの表情がほんのり赤く…

ももちゃん「…イクとこ見ててね…?」

ぐちゅぅ…ぐちゅぅ…ぐちゅぐちゅぐちゅっ!

ももちゃん「…イク。…く。…イク。」

…ビクンっ!!…きゅぅぅ。。

ももちゃん「……はぁ…はぁ……ねぇ…ももと…気持ちよくなれた…?」

 

…どぴゅぅぅっ!!!

 


 

ラストはおそらく3P。AVではよくある構成だ。

何故か赤いドラム缶がある部屋で…

黒のTバック気味の下着が…エロ過ぎる。

私は3Pはあまり好みではないが…。

…ももちゃんの姿なら見てみたい。

ももちゃん「…ふふ…笑」

なんの説明もなしに男2人登場w

会話もなしに両サイドからさわられ…舐められ…

ももちゃん「……ん……ん。。」

握り潰すようにおっぱいを掴まれる。

ももちゃん「…んーいっぱいイキたいなぁ。」

ちゅぽ…ちゅぽ…ちゅぽ…れろれろ…。。

Tバックを無理やりずらして…アナルくぱぁ。

ももちゃん「…はぁはぁ…いっぱいさわって?」

くちゅ…くちゅ…くちゅ。。

ももちゃん「…おちんちん舐めてもいぃ?」

ももちゃん「…はぁはぁ…はぁ…うん。。」

くちゅ…くちゅ…くちゅっ!!

ぴちゃ…ぴちゃっ…ぴちゃぴゃっ…!!

ぐちゅぅ!…くちゅ…くちゅ…くちゅ!!

ももちゃん「…あだめぇ!…イクっ!」

ももちゃん「…おちんちん入れてほしいのぉ。」

にゅぷ…にゅぷぷっ…

ももちゃん「…はぁ……気持ち…い。。」

ぱんっぱんっ…ぱんっぱんっ…!!

桜空ももちゃんは相当エロくて…

声を聴いてるだけでも勃起してしまうのだが…

ちょっと撮影の方法が気になりだしてしまう。

3Pは全員を映そうとして引きの絵が多くなる。

 そして今回はなぜか…画面を揺らすように斜めに撮るのが気になってしまう。

と…カメラワークが若干気になるが…。

その欠点を補ってあまるほどの…

…このおっぱいの揺れの破壊力…!!

このへんからは会話は殆どなくなっていき…

ももちゃんのまんこが破壊されだしていくっ!

ももちゃん「…あぁ!…イっ!イクイクっ!」

ぱんっぱんっ…ぱんっぱんっ…!!

ももちゃん「…きゃあうんっ!!」

ももちゃん「…はぁ…はぁ…はぁはぁ…。。」

男「はぁ…はぁ…はぁはぁ…。」

ぱんっぱんっ…ぱんっぱんっ…!!!

ももちゃん「…あイっ!…クっ!!」

男「…あぁ!…うぅぅ!イクっ!!」

 

…どぴゅ!!……とぴゅ…とく……ぴゅ。。

 

ももちゃん「…んんんっ…んんっ。。」

…ぴく…ぴくぴく。。

ぱんっぱんっ…ぱんっぱんっ…!!

ももちゃん「…きゃうっ!…イクっ!イクイクぅぅっ!!」

 

ももちゃん「…んん…えぇぇぅ…えふふぅ。。」

 


 

スタッフ「…いっぱいイケましたか。」

ももちゃん「はぁ…はぁ…はぁはぁ…えぇ?」

ももちゃん「…一生分…一生分…はい。。」

…ぴく…ピクピク…。。

ももちゃん「…はぁ…はぁ…はぁはぁ…。。」

頑張って立とうとするけど…

ほんとに足が痙攣しちゃってます…笑

ももちゃんの美尻を堪能して…

…終了。。

 


 

 感想  

これは立ちバックを楽しむというより桜空ももの喘ぎ声を楽しむ作品だ。映像がなくてもイヤホンで聴いてるだけで勃起するほどにエロかった。

いや立ちバックも相当エロい。何がいいってスタイルの良さだけでなく足の開き具合や揺れるおっぱいなど追加オプションが多いし、どうすればよりエロいかをちゃんと見せてくれる感じだ。

3Pが始まってから引きの絵が多くなったり無駄に斜めに撮ったりと制作サイドの好みがちょっと私とは合わない流れになってしまったが…桜空ももファンにとっては納得の立ちバック作品だろう。

でもやっぱり…ただセックスが続くよりも変態な企画内容が欲しいなぁ…と感じてしまいましたw


 

 立ちバック評価 

顔とカラダ10点
制服とパンツ8点
パンツずらし9点
犯罪のにおい7点
揺れおっぱい度11

立ちバック度  


作品概要

タイトル膝ガク腰ブル痙攣するまで立ちバック限界突破FUCK 桜空もも
女優名桜空もも
出品者アイデアポケット
型番IPX00550
販売元FANZA
時間1:58:00
引用元URLhttps://www.dmm.co.jp/digital/videoa/-/detail/=/cid=ipx00550/

 

桜空ももちゃんで

オナニーしたくなったら

 

 

桜空ももちゃんの人気作品